集客応援隊長★サイトウマキがいく!

《集客応援隊長★サイトウマキがいく》女性ならではの視点で集客の悩み一緒に解決します♬

女性のいいところ♡

time 2017/01/04

今回は女性の皆さんへエールを送りたくブログを書かせてもらっています。
しばしお付き合いいただけると嬉しいです^^

当たり前にネットを使うこの時代。
メールやLINEもそうですが、
お互いの気持ちのやり取りを手紙や電話ではなく
こうしたPCだったり、スマホの文字でやり取りをすることが非常に多いですよね。

文字のやり取りって相手の顔が見えない分
すごくその人の気持ちの「温度」がわかりづらい。
特に絵文字やスタンプがない、文字だけの文章は

 

「怒っているのかな?(´・ω・`)」

 

って思うこともしばしば。
冷たい印象を与えます。

 

☝淡々としているというか、味気なくなんかこわい。
でも、ちょっと絵文字入れるだけで



優しさ
とか、人間味がでますよね。

 

何が言いたいかというと、SNSやブログなどみなさんされていると思いますが
相手が見えないからこそ、「心配り」って必要だと思うのです。

 

自分が伝えたいことを伝えるだけでは
相手にその真意が伝わっているとは限らない。
自分が受け手の気持ちでその文章をもう一度読んでみてほしいのです。

 

お店の人とお客さんとのやり取りなど、なおの事。
淡々と必要なことだけのやり取り。
きっとお客さんは気持ちよくはないと思います。

 

相手を気遣っていることが伝わる「心配り」をしてほしいのです。
それが自然にできるのが女性なのかなって思います。
※男性を否定してるのではないので、それだけ誤解しないでくださいね。

お客様の問い合わせ、ご予約などの返信
柔らかく、優しくできる人がしたほうがいい!

女性のスタッフさんで、上手にできる方がいらっしゃるなら
その方に文字でのやり取り、はたまた
ネットでの販促窓口をお任せしてもいいと思います。
社員とかバイトとか重要なのはそこではない!!

あなたのお店の
「THEホスピタリティ」が「ネット販促窓口リーダー」

任せられるとその期待に応えたいという気持ちも芽生え
スタッフさんのモチベーションも上がり成長につながる。

 

みんなそれぞれにいいところを持っていて
その光るいいところを見つけてあげるのも
オーナーさんの大切なお仕事ですね☆彡

女性は同時進行でいろんなことができる「脳」を持っています。

主婦なんてまさにそれで。
子供の学校の話を聞きながら夕ご飯を作り、
作りながら洗濯物を回し、
ちょうどいいタイミングでためていたお風呂のお湯を止め
台所に戻ったら器を出して作ったおかずをササッと盛り付ける。

一つのことをしながらも別のことを同時に考えられます。
「文章を書く」
その動作をしながら、相手の気持ちを考える。
相手の文章の中に込められた別の気持ちを汲み取って
それに対して、こちらから声をかけてあげられる。

 

すごいことです!

フェイスブック、インスタグラム、LINE、ブログなどなど
タイムライン投稿や、コメント返し。

ぜひとも女性スタッフさんに活躍してもらいましょう。

お店とお客さんをつなぐ大事な架け橋。
さらにもっと行きたくなるお店にしてくれると思います。

 

女性の皆さん、そのままでいい!
もっとお客さんに喜んでいただけるよう一緒に頑張りましょうね

down

コメントする




ぼやき

わたしにできること

ホームページ

メニュー&料金表

会社概要

発信することの重要性

集客応援隊長

齋藤麻希

齋藤麻希

1977年宮崎市生まれ 3児の母. 20代の頃、居酒屋やカフェなどの飲食店で責任者として働いてきました。 結婚・出産を機に飲食店とは離れましたが、飲食業の「可能性」や「ワクワク感」が忘れられず、どうにか飲食の仕事にかかわりたいと思い、某集客サイトの営業、編集の仕事に転職しました。 飲食店の立場、集客サイト側の立場、消費者の立場。 三者の目線をもって「最善の方法」を全力でご提案、ご支援します。 女性ならではの視点で一緒に繁盛店への道を歩きます!!!

Facebookページ